日本の労働基準法では、

一日の労働時間を8時間以内、

週の総労働時間を40時間以内と定めています。

 

ここ最近、一日の労働時間を10時間にすることで、

週休三日制にする企業が注目を浴びています。

 

www.nishinippon.co.jp

 

ユニクロを展開するファーストリテイリングでは、

転勤のない地域正社員を対象に週休三日制を導入。

一日10時間勤務すれば、平日に3日間休めます。

 

また、大分県国東市のアキ工作社では、

休日を充実させることで社員の創造性を高めるために、

同じく10時間勤務で週休三日制を2年前に導入しました。

 

これら二社の場合、週の総労働時間は40時間となるため、

給与の面では以前と変わりません。しかも一日の労働時間が

長くなるため結果的に時間外労働が減り、残業手当が

少なくなるという側面もあります。

 

逆に退社時間を早める目的で、午前9時から午後3時まで

昼休みなしの一日6時間労働を採用しているのが、

「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイです。

 

この会社の場合、通常よりかなり早く帰れるため、

保育園のお迎えも余裕をもって行くことができるとのこと。

また、プライベートを充実させることができるので、

本業への相乗効果も期待できます。

 

このように、受け取る給与が以前と変わらない場合、

あなたはどちらの働き方を選びますか?

人によって答えはさまざまでしょう。

 

何か趣味がある人なら、休みが一日多いほうが

遠出もしやすくより充実した時間が過ごせます。

 

昼休みなしでもOKで早く帰れるほうが、

家族やプライベートの時間をより充実させやすい

かもしれません。

 

はたまた、これまでのように夕方まで仕事をして、

週末に二日休みがあったほうが自分には合っている

という方も少なくないと思います。

 

働き方の選択肢がいろいろと増えれば、

自分の人生がより充実したものになりそうですね。

f:id:work-shift:20151022222359j:plain