世界一周111日目
ウィントフック(ナミビア)〜ケープタウン(南アフリカ)

f:id:nexus17xxx:20170831075622j:image





朝起きたのは7時。

体が熱っぽい。咳も出る。

どうやら風邪を引いてしまったよう。




体調も優れないので9時までベッドでごろごろ。

宿の朝食を食べ、10時にチェックアウト。







予定では今日から3日間、車を借りてナミビアを旅する予定。

メインはナミブ砂漠。


そこで日の出を見るのが目的。






昨日、宿の近くのレンタカー屋を全て回ったものの、

繁忙期ということで空車は1台も無し。




ナミブ砂漠行きのツアーを催行している会社を数社回ったものの、

提示された価格はどこも2泊3日で1人約7万円



しかもこれに宿泊費やガソリン代、国立公園の入場料なども追加でかかってきます。


それはさすがに無理。






途方に暮れていたところ、ネットでレンタカーを探すと、

空港でなら空車があり。


ただ、レンタカーを借りるためにデポジット25000ナミビアドル(約20万円)もかかるそう。






そんな大金持ち合わせていませんし、

クレカの限度額的にも払えないので、諦め半分で空港へ。




宿を出て空港に到着したのは12時過ぎ。


f:id:nexus17xxx:20170831075442j:image






何枚かのクレカで分割して払えないか?

デポジットが安くなる車種やプランはないか?



あらゆる手を尽くしましたが、20万円払わないといけないとのこと。


泣く泣く断念。






これ以上ナミビアに滞在しても仕方ないので、ナミビアを出ることに。



空港にあるナミビア航空の事務所で、

明後日予約している、南アフリカのケープタウンに戻る航空券を今日に変更できないか聞いてみると、


1人499ナミビアドル(約4000円)で変更できるとのこと。






ここはナミビア観光を諦めて、おとなしく南アフリカに帰ることに。



ただ、レンタカー代の約270USD(約3万円)は、

直前キャンセルになるので返金できないとのこと。







ナミビアにはお金持ちしか来てはいけない。

高い勉強代になりました。





というわけで、15時ナミビア・ウィントフック発の飛行機に搭乗。


その前に、空港内で乾杯。


f:id:nexus17xxx:20170831075622j:image




南アフリカで会った女性が美味いと勧めていた、

ナミビアのビール「Windhoek」でヤケ酒



あ、これめっちゃ美味い。笑


f:id:nexus17xxx:20170831075722j:image

f:id:nexus17xxx:20170831075829j:image






そしてフライトの時間。


f:id:nexus17xxx:20170831080157j:image



帰りもナミビア航空で。


ナミビア・ウィントフックから南アフリカ・ケープタウンまで片道約1万円。





ナミビア航空、飛行機は全部で6機しか持っていないそう。



ただ、機内食がめっちゃうまい。笑


f:id:nexus17xxx:20170831080325j:image

f:id:nexus17xxx:20170831080316j:image



しかもなんと、ワインもビールも飲み放題。







窓から外を見ると、眼下に広がるのはナミブ砂漠。


行けなかったナミブ砂漠。


f:id:nexus17xxx:20170831080459j:image



どこまでも広がる赤土の砂漠。






そして雲ひとつない地平線。


f:id:nexus17xxx:20170831080537j:image





南アフリカが近づくと一転、山がちな地形に。


f:id:nexus17xxx:20170831080546j:image






そして目的地・ケープタウンの周辺は、

f:id:nexus17xxx:20170831080708j:image


名産のワインを作るためのブドウ畑が一面に広がっています。





そして今夜のお宿は、2日前に知り合った日本人大学生たちが泊まっていた、

「big blue backpackers」。


f:id:nexus17xxx:20170831080809j:image




彼らはまだいました!

ただ、今夜が最後だそう。




別れを惜しみつつ、話は大盛り上がり。






そして夕食は宿の近くのバー&レストランで。


この宿の目の前で、数日前にムキムキの白人2人組が強盗に襲われて身ぐるみ剥がされたらしいので、

全ての貴重品を宿に置いていきます。





宿に置くのも安全とは言えませんが、(宿によっては従業員に盗まれたりすることも多い)

外に持って行くよりは安全と判断。




手ぶらで、飯と酒に足りるだけの少額の現金を持っていきます。






なので、夕食の写真はありません…

ビーフステーキを肴に、ひたすら地ビールとワインを飲みまくり。




とにかく飯と酒が美味くて安い、ああケープタウン最高。






そして11時すぎ、宿に帰還。


f:id:nexus17xxx:20170831081423j:image





部屋でバカ話をし、寝たのは日付が変わって1時すぎ。


このアフリカ旅ももう残すところあと2日。



最後まで楽しんでいきます!


ではおやすみなさい!


トップページに戻る